ダイアルインジケータアライメント手順

逆ダイアルインジケータアライメントを行う手順は難しいことではありません。 正常な直線の仕事のために取られる必要がある複数のステップがある。

ステップ1

用語、テクニック、手順を理解します。
*すべての安全規則と手順に従ってください

ステップ2

整列しているマシンについて学びます。

  1. カップリング、パイプハンガー、ベースボルト、カップリング間隔などを視覚的に確認します。

  2. カップリング&シャフトが切れているかどうかを確認します。

ステップ3

ツールの特性を把握します。 サグチェックを実行する

  • 弛みの点検は表示器ブラケットがある特定の間隔で弛む量を定めるテストである。

  • 弛みの点検を行う方法:
    装置に置かれたときと同じ間隔の丈夫な管の部分のブラケットを締め金で止めて下さい。 上の両方のインジケータをゼロにしてから、下に回転させます。 上部と下部の読み取りの違いは、たるみです。

wpe1E.jpg (2764バイト))

  • サグは常に負の値を持つことになりますので、垂直移動にサグを可能にするときは、常にプラス(+)読書でダイヤルインジケータを開始します。 たとえば、あなたが持っている場合。002″弛み;上のあなたの表示器をゼロにするとき弛みを補うためにゼロの代りに+2に針を置いて下さい。

ステップ4

マシンを準備します。
a.足の下から既存のシムをすべて取り外します
-古いシムを使用する場合は、徹底的に清掃してください。
-常に最小量のシムを使用します。
基盤を完全にきれいにして下さい。
-すべての錆、刻み目、およびぎざぎざを擦り、ファイル
c.基礎ボルトおよび穴を検査して下さい。
-必要に応じて再タップ
-必要に応じてボルトを交換

ステップ5

取り付け面を清掃し、ニックとバリを取り除きます。
b.付着および緩い針があるように表示器を点検して下さい。
c.シャフトの中心線の方の目標の表示器の茎直接。

ステップ6

Measurement
-二つのインジケータ間の距離を測定します。
-インジケータと前足の間の距離を測定します。
-前足と後足の間の距離を測定します。

ステップ7

レイアウトグラフ用紙
-マークインジケータ位置
-マーク足の位置。
-+記号と-記号をマークすることを忘れないでください(これは混乱を排除します)
例:グラフのレイアウト
グラフ用紙のレイアウト。JPG(40605バイト)

ステップ8

予備水平移動

水平移動画像1.JPG(49124バイト))

  • 水平方向の移動は、軸の中心線を左右に整列させるアライメントプロセスの一部です。 ポンプ端から機械を見、左の表示器をゼロにし、次に右で回り、そして読んで下さい。 左右の方向を正しく保つために、常に同じ方向からポンプを見ていることを確認してください。 水平方向の動きにはたるみ補償はありません。

例えば:

ポンプの表示器は-8を読みます
モーターの表示器は読みます+10

シャフトは総表示器の読書の1/2で同一直線上である。

  • 位置を説明するためにグラフ紙を使用して。 表示器の位置の下で1/2表示器の読書であるポイントに印を付けて下さい。 (ポンプのための-4およびモーターのための+5)これらのポイントを接続し、モーターフィートを過ぎてラインを拡張しなさい。 これは、水平方向のアライメントのためにモーターを移動する必要があるどのくらい表示されます。

これらのインジケータの読みは、モーターを動かす必要があることを意味します:
前足。006″左
後ろ足。007″左

横移動画像2.JPG(158798バイト)

あなたは、左のインジケータをゼロにすることにより、水平方向の動きをグラフ化回避し、右に回転させることができます。 今度はゼロに表示器の針の半分の方法を回し、ゼロおよび最も近いフィートの方に最も遠いフィートを動かすことによって場所にモーターを歩き始めま 2つのゼロ表示器の読書を得るまで動きを交互にすることによってゆっくり場所にモーターを歩いて下さい。

次に、垂直移動の手順を開始します。 弛みおよび柔らかいフィートがあるようにあなたの装置を点検することを忘れないでいて下さい。

ステップ9

ソフトフットのチェック

ソフトフットは、足の一方がベースに平らに座っていない状態です。 足やベースが歪んでいる可能性があります。 足のボルトを締めると、機械が歪みます。

JPG(54383バイト)ソフトフット角。JPG(59498バイト)
平行ソフトフット角ソフトフット

柔らかい足をチェックする方法

  1. インジケータを12時位置に移動し、インジケータを押し下げてからゼロにします。

  2. ベースボルトを緩めます。 インジケータが離れてフォームゼロを移動した場合は、その足の下にスライドするシムの量を配置します。 ボルトを締め直し、ダイヤルの表示器の針が動かないことを確かめて下さい。

  3. 残りの足についてこの手順を繰り返します。

ステップ10

垂直移動を実行

垂直移動ピクチャ2。JPG(46663バイト)

垂直方向の移動は、2つのシャフトの中心線を適切な上下の位置に整列させる整列プロセスの一部です。 通常、この手順でシムを追加または削除する必要があります。 表示器は上でゼロにされ、底で読まれる。 (たるみを補正する必要がある場合は、プラス+読み取りで始まります)

例:
ポンプのインジケータは-12を読み取ります
モーターのインジケータは+8を読み取ります

これは、シャフトがこれらの点で同一直線上にあることから

正方形のグリッドグラフ用紙を使用して位置を説明します。 表示器の位置の下で表示器の読書半分であるポイントに印を付けて下さい。 (ポンプ側の表示器のための-6およびモーター側の表示器のための+4)ラインとこれら二つのポイントを接続し、次にモーターのフィートを表すラインを過ぎてラインを続けて下さい。 グラフは今、前足が持っている必要があることを示しています.003″シムが追加され、背中の足を持っている必要があります。001″シム追加しました。

縦絵1.JPG(157771バイト))

今すぐあなたのシムを所定の位置に配置します。 すべてのボルトを締め、あなたの読書を取り、点検しなさい。 測定値が許容範囲内にある場合は、機器を整列させる必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。