トラクションコントロールシステム(TCS)

TCSはいつ大きな違いを生むことができますか?

スロットルを急に使いすぎると、予期せぬ大量のパワーが後輪に送られ、スピンして機械が不安定になる可能性があります。 トラクションコントロールシステム(TCS)は、後輪に送られる駆動力を自動的に調整することにより、このような心配を最小限に抑えます。 このタイプのシステムは、自動車メーカーでもさまざまな名前で広く使用されていますが、ヤマハ発動機では”TCS”という名称を使用しています。”
最初にTcsを搭載したヤマハのオートバイは、1997年にデビューしたDT230LANZAでした。 トレイルライディングなどを目的とした軽量-コンパクトなモデルであり、そのような環境でのライダーのアシストにTCSが採用された。 当時、エンジン回転数の変化を監視して加速速度を検出し、それによって後輪の滑り(スピン)を予測しました。 そして、エンジン回転数と加速速度に基づいて、システムは点火時期を制御し、有効量の駆動力を発生させる。
現在、多くの大排気量二輪車には電子制御システムによるTCSが搭載されているが、その役割はモデルの性格によって多少異なる可能性がある。 YZF-R1のTCSは加速の間に後輪でドライブ力の最も有効なレベルを提供するように設計されている。 前輪と後輪の回転速度の違いを監視することに加えて、自転車の慣性測定ユニット(IMU)からのリーンの程度に関する入力も、TCS介入の量を調整するために
北米市場向けの1,854ccスターベンチャークルーザーは、砂漠地域の高速道路沿いの頻繁に砂の道の肩から出発するときに滑りのないスムーズなスタートを可能にするためにTCSを与えられた。 始動時または同様の状態で後輪スピンの兆候が検出された場合、システムはスムーズな始動を支援するために、吸入空気量、燃料噴射量、点火時期の統 モデルは同じTCS名を共有することができますが、システムの仕様は、各モデルの性格に沿ってライダーを支援するために洗練されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。