ヤマハはオートバイ駆動ロボットを構築し、すでに世界チャンピオンに挑戦している'

遠く離れたコンセプトで知られる東京モーターショーが日本で進行中である。 私たちはすでにいくつかのかなり奇妙なデザインを見てきましたが、それらのどれもヤマハがちょうど発表したもののようなものではありません:Motobotと呼ばれる自律的な、オートバイに乗ってヒューマノイドロボット。

放棄された飛行場の周りを巡航するMotobotの印象的なビデオを超えて少し詳細があります。 私たちはそれが交代し、クラッチをタップし、スロットルをねじるのを見て、何とか直立したままです。 それはロボットがまだ組の訓練の車輪を必要としても見るべきかなり印象的な視力である。

映像が十分に毛を上げていないかのように、ヤマハはMotobotに幼稚なロボットの声を与え、ロボットのバイカーにMotoGP世界チャンピオンのバレンティーノ-ロッシを呼びかけることで、潜在的なオートマトノフォビアを演じている。 “私はあなたを上回るために作成された、”それは言います。 “私は毎日自分のスキルを向上させています。「不気味だ。 二人がいつ(またはいつ)お互いに直面するかについては何の言葉もありませんが、ビデオは確かに可能性を示唆しています。

そのためには、Motobotが良くならなければならず、今のところ会社はゆっくりと物事を取っています。 ヤマハは、最終的にはMotobotが時速200キロ以上のサーキットで改造されていないオートバイに乗ることができることを目標としていると述べています。 ハイコンセプトのプロジェクトと同様に、このプロジェクトで学んだ教訓を、ライダーの安全性やライダーサポートシステムについて、ヤマハの現在のビジネ 同社はまた、Motobotの背後にある技術を使用して”新しいビジネスラインを開拓したいと考えていると述べています。”それが何を意味するのか分かりませんが、Motobotが実際に動作しているのを見た後、私は間違いなく興奮しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。