ラピッズ'新屋敷Mlsルーキー-オブ-ザ-イヤー受賞

ロイタースタッフによる

1 分読み

【写真】2019年9月29日、米コロラド・ラピッズのFcダラス戦で後半にボールをコントロールするMfアンドレ・新屋敷(99)がディックス・スポーツ・グッズ・パーク(Dick’s Sporting Goods Park)と対戦した。 必須クレジット:Isaiah J.Downing-USA TODAY Sports

2019年のMLSルーキー-オブ-ザ-イヤーには、コロラド-ラピッズのフォワードであるアンドレ-新屋敷が選出されている。

22歳のブラジル人は、レギュラーシーズン中に31試合で7ゴール、3アシストを記録し、リーグ新人王を獲得した。 彼はゴールまたはアシストのいずれかを登録したときにラピッズは無敗(5-0-3)でした。

フィラデルフィア-ユニオンmfブレンデン-アーロンソンは、ミネソタ-ユナイテッドfc mfハサニ-ドットソン、FCシンシナティmfフランキー-アマヤ、ミネソタdfチェイス-ガスパーに続いて、火曜日に発表された投票で二位に終わった。

新屋敷は、ミッドフィールダーのディロン-パワーズ(2013年)に加入したラピッズの二人目の選手である。

新屋敷のシーズンハイライトには、3月3日の開幕戦であるポートランド-ティンバーズ戦で10人制コロラドを3-3で引き分けた後半戦、19日のLAギャラクシー戦で勝利したゴールが含まれていた。 2-0で勝利したシアトル-サウンダーズ戦では両ゴールを決めた。 7月、MLSプレイヤー-オブ-ザ-ウィークの栄誉を獲得。

–フィールドレベルのメディア

当社の基準:Thomson Reuters Trust Principles。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。