今日の科学技術に適用される伝統芸術におけるものづくりと創造性の考え方

日本語では、ものづくりとは、”製品”を意味する”もの”と、”作りや創造のプロセス”を意味する”づくり”からなる複合的な作品である。

しかし、この概念は文字通りの意味以上のものを包含している。 それは”優秀なプロダクトを作り出す精神および絶えずプロダクションシステムおよびプロセスを改善する機能”の所有の考えを提供します。 コンセプトは、”卓越性、スキル、精神、熱意、そして物事を非常によく良いものにする能力に誇りの倍音を運びます。 ものづくりは愚かな繰り返しではなく、創造的な心を必要とし、伝統的な学校で教えられている構造化されたコースのカリキュラムではなく、長い見習いの練習を通して得ることができる職人技に関連していることが多い。”そういう意味では、ものづくりは科学ではなく芸術です。”

“ものづくり”は、日本の学校の社会科の教科書でitとからくりの伝統がカバーされているという日本の重要な概念と考えられています。 “ものづくり”のコンセプトを強調した国立科学博物館だけでなく、全国にも多くの”おもちゃの博物館”があります。 芸術としての”ものづくり”は紀元前2,000年以上の起源を持っていると言われていますが、江戸時代にはその頂点に達し、明治時代にはからくりの伝統が盛んになったと言われています。 これまでで最も人気のある公開展示会の一つは、ショー”トヨタコレクション”です: 江戸時代の機械玩具”からくり”を一般公開する”日本のものづくり革新の基礎”。

科学史家によると、からくり機械は”人形だけではなく、西洋での発展が科学技術の近代化に大きな進歩をもたらしたのと同じ種類のオートマトンであり、江戸時代には科学や数学のアイデアを大いに促進し、科学技術革新を促した。 歴史家はまた、ペリー提督の有名な”黒船”が日本に世界への扉を開くことを余儀なくされる前に、自動化能力、腕前、創造性が日本に存在していたことを強調したいと考えていますが、西洋の影響は間違いなく西洋世界で起こっていた多くの新しい科学的およびその他の革新を導入しました。

今日の日本のメーカーやエンジニアは、ものづくりのアイデアを活用し、それを製造、設計、エンジニアリングプロセスの基本原則と考えています。

“しかし、科学と工学はものづくりにおいて重要な役割を果たしています。この記事では、ものづくりを成功させ、学生にものづくりを教えたいときに、ものづくり技術と科学と工学の原則と実践の両方を持つことがいかに重要であるかについて説明します。 興味深いことに、工学の創造的な側面はvon Karman、aerothermochemistryの創設者によって演説される–”科学者はある事を見、尋ねる”なぜか。”エンジニアはいなかったものの夢と尋ねる、”なぜですか?'”

“ものづくり”の概念は、トヨタの生産システム、特にロボット工学の使用に適用される重要な概念です…コンセプトの適用は、

“スキル、技術、人材の管理。 この概念は、典型的にはトヨタの生産システムに見られます。 トヨタは”ジャストインタイム”のコンセプトに基づいて自動車を製造しています。 それは”必要なものだけを生産し、必要なものだけを移すことについてのすべてを意味します。”それは工場が不必要なアイテムを生産するのを止めました。 もう一つの例は、ファナック(企業)が日経新聞社から”ものづくり”賞を受賞したことです。 グローバル競争の激化に直面して、日本の製造業は勝利のエッジを強化する必要があります。 製造業は、生産コストを削減することによって、製品をより競争力のあるものにする必要があります。 その解決策として、ファナックは知能ロボットによる無人生産システムを提案し、実現してきました。 ファナックは、2002年にインテリジェントロボットを用いた無人加工システムを工場に導入し、長時間無人で加工しました。 ファナックは、最新の知能ロボットを用いた本格的な組立システム”組立ロボットセル”を開発し、2004年にファナックのミニロボットの組立を開始しました。 “組立ロボットセル”は、最先端の組立システムです。 それはインテリジェントロボット、特に最も最近の視野および力センサーを、任意に積まれた部品を取り出し、熟練労働者のレベルで、長時間無人で、マイクロメートル精密アセンブリを行うのに使用する。 組立ロボットセルは、従来のマテリアルハンドリングやスポット溶接の用途を超えて、一般的な機械組立に産業用ロボットの用途を拡大します。 ファナックは、工場フロアでの自動組立を成功裏に実施することにより、製造業界での勝利のエッジを達成することを約束しています。 そのため、組立ラインにおけるロボット技術は、”ものづくり”を念頭に置いて開発する必要があります。”

日本のものづくりやからくりの伝統が、自動化やエンジニアリングに対する日本人の愛を育むのに役立ったと考えられています。

実はトヨタは、ものづくりとからくりの伝統を誇りに思って、

“歴史的には、”からくり人形”という日本の伝統的な人形がロボットの起源と言われています。 400年前に製造され販売されていたからくり人形は、ばねを巻き取ると歯車の組み合わせで動く。 この事実は、日本は非常に長い歴史を持っていることを示していますロボットを製造する。 産総研が製造したシール状のロボット”パロ”は、人間に精神的な”癒し”効果があることが証明されているため、長期入院している人や高齢者の間で非常に人気があります。 “パロ”は最近撮影されたもので、映画のテーマは西洋人と日本人のロボットに対する視点の違いを示しています。 彼らは2005年にそれの生産を停止したが、aiboという名前のソニーの犬のようなロボットもベストセラーでした。 これらは、日本人がロボットを組立ラインで頑張ったり、日常的な仕事をしたりするものよりも重視している例です。 むしろ、彼らはペットや友人としてこれらのロボットを扱います。 このように、欧米ではロボットは”労働源”と見なされているのに対し、日本では人間が一緒に働いたり住んだりする生き物のように扱われています。”

長くて短いものづくりの精神は今日でも生きており、日本の創造性と革新の同義語であるため、今日でもそのような重要なコンセプトです。

国立科学財団レポート覚書#06-06

日本の自家製科学の歴史は最終的にジャパンタイムズ日、Aug10, 2003

“産業の背後にある芸術”By Julian Satterthwaite,Thursday,July7,2007

ものづくりの考え方

ケンタッキー-トヨタ研究パートナーシップの発展:ものづくりへの応用

トヨタ産業技術記念館In Nagoya1-35,Nagoya451-0051Japan
Tel….. (052)551-6115
ファックス (052)551-6199

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。