国立蛇の目の日-2月1, 2021

国立蛇の日は毎年2月1日に祝われます。 あなたが蛇を愛しているなら、この日はあなたのためです。 全国の蛇の日は蛇を認めるために観察されます。 ヘビは、医学、善、悪、豊饒などの象徴として認識されています。 そして、彼らは崇拝され、恐れられています。 世界中には約3,000種のヘビが存在しています。 世界で最も小さいヘビはバルバドスの糸のヘビであり、世界で最も長いヘビは網状のpythonと呼ばれています。

“蛇による調停が必要でした。 悪は人を誘惑することができますが、人になることはできません。”-フランツ-カフカ。

国立蛇の目の日の歴史

国立蛇の目の日の起源と歴史は知られていない。 ヘビは常に危険と考えられていますが、実際には、彼らは周りに持っている良い生き物です。 ヘビはまた、癒しに関連している、例えば、スタッフの周りに包まれたヘビは薬の兆候です。 歴史の中で、これらの蛇は恐れられ、崇拝されています。 神話によると、メソアメリカの神Quetzalcoatlは人間の形で地球に入り、Toltecの首都Tollanに富と幸福をもたらしました。 蛇はまた、興味深い聖書の兆候です。 一方、キリスト教ではサタンは蛇と呼ばれており、またイブにリンゴを食べるように誘導したのは蛇でもありました。 蛇はアジアのヒンズー教の地域で自然の精神として考えられています。 アステカの信仰によると、蛇は井戸、川、泉の保護者であり、肥沃度と雨をもたらします。

2月1日のその他のお祝い

2月1日も次のように祝われます

  • 国立ベイクドアラスカの日
  • 自動車保険の日
  • キャンディの日で飾る

国立蛇の日を祝う方法

この日には、これらの蛇についての古代の話を学び、蛇 蛇を見るのが好きなら、近くの動物園に行って、人間はいつも蛇に興味を持っているので、その日にそれを見て楽しむことができます。 また、写真を投稿し、ハッシュタグ#SerpentDayを使用してソーシャルメディア上の他の人と一日についての自分の考えを共有しています。

投稿を読んでくれてありがとう。 あなたは毎日祝うことができますHappydays365.org そして、2021年の全国蛇の日を幸せにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。