流産胎児に関する判決

アッラーに讃えあれ。

まず、

受け入れにおける忍耐は、神の意志と命令が義人の態度の一つであり、アッラーの命令を受け入れることは、彼に近い人の特徴の一つであることに注意すべきである。 人が災難に対応できる最善の方法は、”al-hamdu Lillaah、innaa Lillaahi wa innaa ilayhi raaji’oon(アッラーに賞賛され、本当に私たちはアッラーに属し、彼のもとに私たちの帰還です)”と言うことです。”

私たちがあなたに伝えることができる最高のものは、アブー-ムーサ-アル-アッシュアリ(アッラーが彼に喜ばれるように)から語られたものであり、アッラーの使徒(彼に平安とアッラーの祝福がある)が言ったことである。

“人の子が死ぬと、アッラーは天使たちに言う:”あなたは私の奴隷の子の魂を取ったのですか?’

彼らは言う:”はい。’

彼は言う:”あなたは彼の目のリンゴを取ったのですか?’

彼らは言う:”はい。’

彼は言う:”私の奴隷は何と言ったのですか?

彼らは言う:”彼はあなたを賞賛し、innaa Lillaahi wa innaa ilayhi raaji’oonと言った。’

そしてアッラーは言う:”私の奴隷のために楽園に家を建て、それを賞賛の家と呼んでください。'”

1021年、アル-ティルミディによってナレーションされ、サヒーフ-アル-ティルミディにおいてアル-アルバーニによってハサンとして分類された。

Al-Nawawi(アッラーが彼に慈悲を与えてください)は言った:

自分の子供の一人の死は火に対するスクリーンであり、流産にも同じことが当てはまり、アッラー

Al-Majmoo’,5/287;Haashiyat Ibn’Aabideen,2/228も参照

それは預言者(彼に平安とアッラーの祝福)が言ったことをMu’aadh ibn Jabalから語られました:

“わたしの魂を手にする者によって、流産した胎児は、もし彼女が(辛抱強く)報酬を求めていたならば、彼の母親をへその緒で楽園に引きずり込むであろう。”1609年、イブン-マアジャによってナレーションされ、アル-クラアサ(2/1066年)とアル-ブーサイリでアル-ナワウィによってda’eefとして分類されたが、Saheehイブン-マアジャでアル-アルバアニによってsaheehとして分類された。

質問番号5226も参照してください。

:

学者たちは、もし子供が生きていることが分かっていて、彼が音を立てたならば、彼は洗われ、包まれ、葬儀の祈りが彼のために提供されるべきであると全会一致で合意されている。

この点についてのコンセンサスは、イブン-アル=ムンディール、イブン-クダアマはアル=ムグニ(2/328)、アル=カアサーニはビダア-イ-アル=サナア-イ-1/302によってナレーションされた。

Al-Nawawiはal-Majmoo'(5/210)の中で言った:彼は大人のように包まれ、三枚の布で包まれるべきである。

しかし、子供が音を立てなかった場合、質問への答えではありません。 13198と13985私達は、この場合に重要なことは、魂が胎児に呼吸されたかどうかであり、それは妊娠の4ヶ月後に起こると説明しました。 魂が彼に呼吸されている場合、彼は洗浄され、包まれるべきであり、葬儀の祈りは彼のために提供されるべきであるが、魂が彼に呼吸されていない場合、彼は洗浄されるべきではなく、葬儀の祈りは彼のために提供されるべきではない。

参照:al-Mughni,2/328;al-Insaaf,2/504.

:

流産した胎児のために”aqeeqah”を妊娠四ヶ月に達した場合に提供することに関して、学者はこれがイスラム教で規定されているかどうかについて異な 質問no.12475と50106への回答では、Fatwasを発行するための常任委員会の学者、およびShaykh Ibn’Uthaymeenは、それが規定されており、mustahabbであるという見解を支持したと述べました。 彼らはまた、子供に名前を付けるべきであるという見解でもあります。

:

“アキーカ”を行うように命じられた者は、子供に費やす義務がある者、すなわち父親がいる場合、それを拒否した場合、母親のような他の誰かがそれを行うことに何も問題はない。

それはal-Mawsoo’ah al-Fiqhiyyahで言います(30/279):

Shaafa’isは、”aqeeqahは子供に費やす義務がある人から必要とされ、彼は子供の富ではなく、自分の富からそれを支払うべきであるという見解です。 子供に費やす義務がない人は、彼に費やす義務がある人の許可を得ている場合を除いて、それを行うべきではありません。

ハンバリスは、彼が死んでいるか、彼がそれを行うことを拒否しているので、彼がそれを行うことができない限り、父以外の誰も’aqeeqahを行うべきではないと述べ 父以外の誰かがそれをするならば、それはmakroohではありませんが、それは”aqeeqah”ではありません。 預言者(彼に平安とアッラーの祝福がある)がアル-ハサンとアル-フサインのために”aqeeqah”をした唯一の理由は、彼が自分自身よりも信者に近いからです。 終わりの引用。

父親が生きていて、それを買う余裕があるなら、彼は子供に代わって”aqeeqah”を提供することをお勧めします。 彼が拒否したり、母親に”aqeeqah”を行う許可を与えたりすると、それはイスラム的に受け入れられます。

結論:あなたの夫がしたことは、彼女を洗って覆い、彼女のために葬儀の祈りをささげることは正しく、イスラム教で規定されていますが、あなたはまだ

そしてアッラーは最もよく知っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。