硬膜外血腫における対側運動欠損:35人の患者の分析

私たちは、国内で最も忙しい外傷センターの一つで働き、年間200以上の硬膜外血腫を扱っています。 硬膜外血腫と運動障害の関連の顕著な頻度は、この研究を取り上げ、罹患患者の回復期を減少させることによって罹患率を減少させる要因を描 我々は、主にEDHと運動障害との関連が一般的であり、早期介入は、モータパワーのより速い回復をもたらしたことがわかった(外傷の70時間以内に手術された患者では24%、外傷の24時間後に手術された患者では53.3%)。 4週以内の回復された完全な力。 硬膜外血腫と同時運動障害の臨床的に有意な関連を結論し、軽度の頭部外傷を有する患者におけるタイムリーな介入は、運動力の完全な回復を達成す 貢献の要因はherniationおよび準の実質の傷害の印の同時性を含んでいた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。