軍のメンバーと”敵の前での不正行為”

軍は規則に従い、秩序を維持していることでよく知られていますが、それはそのメンバー全員が法的に困っていることを意味するものではありません。 軍のものは、軍の正義の統一コード、またはUCMJに従わなければなりません。 UCMJには、軍のメンバーが起訴される可能性のあるさまざまな犯罪が含まれています。 最も複雑な犯罪の1つは、「敵の前での不正行為」として知られています。”

敵の前で何が不正行為を構成しているのですか?

敵の前での不正行為は、敵軍の前で行われた場合、いくつかの種類の行動を包含する広範な犯罪です。 敵の前に不正行為の下での行為には、次のものが含まれます:

  • あなたの指揮、部隊、設置、または軍事的財産を放棄、降伏、または引き渡し
  • 戦いの戦利品を盗んだり略奪したりするためにあなたのポストや駅を捨て
  • 臆病な行為に従事
  • 可能で実用的な場合に同盟国を支援または緩和しない
  • 誤報を上げる
  • 逃げたり、腕を投げたりする
  • 故意に戦闘状況で敵と戦ったり、交戦したりしない

深刻な犯罪は厳しい罰則をもたらす

これらの行為は、単純 何かをする失敗。 彼らは彼または彼女のユニットのそれらのための生死の問題であることを証明することができます深刻な犯罪です。 上記の状況のいずれかでは、個人は危険に彼または彼女の周りのものを配置しています。 これらの行為は非常に厳しいので、それらに関連する罰則も同様です。 敵の前に不正行為の下で主張された行為のいずれかの有罪判決を受けた人は、軍法会議のパネルは、懲役、死亡、またはパネルが適切とみなす別の違

敵の前で不正行為を行った軍人や、前述の行為のいずれかを犯した罪に問われた者の意図を判断することは必ずしも容易ではない。 そのような犯罪で有罪判決を受けた軍のメンバーが死刑を宣告されることは非常にまずありませんが、彼らはまだ長い実刑判決を受ける危険性があ これは、知識豊富で経験豊富な軍法会議の弁護士に相談することが非常に重要である理由です。

Aviso Law LLCの戒厳令課は、敵の前で不正行為を告発されている私たちの軍のメンバーを助けます

あなたや愛する人が敵の前で不正行為の申し立てを告発され、軍法会議に直面しなければならない、調査中である、または裁判所の決定に上訴しようとしている場合、Aviso Law LLCの戒厳令課の弁護士が助けることができます。 私たちは、私たち一人一人のために多くを犠牲にする私たちの軍隊に奉仕することを誇りに思っています。 私たちはあなたの電荷やペナルティを下げると、いくつかのケースでは、さらに却下を取得するために動作します。 多くを学ぶか、または自由な相談を予定するためには、私達をオンラインで訪問するか、または719-247-3111で私達を今日電話して下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。