MrBayes

2.2.4(29Sep2017)–ダウンロード

–データディレクトリ
へのパスに中国語の文字があった場合、MrBayesが実行されないバグを修正–非常に長いシーケンス
のNEXUSエクスポー MrBayes

2.2.3(10Mar2017)–ダウンロード

–マスクされたサイト
を削除すると文書名が失われるバグを修正–
をキャンセルすると発生する可能性のあるまれなクラッシ10.6

2.2.2 (11 Apr2016–-ダウンロード

  • このプラグインの以前のバージョンで作成された事後出力ドキュメントを表示しようとすると発生するクラッシュを修正しました

2.2.1 (08 Mac OS X Lion(10.7)と互換性があるようになりました。

  • -sumpコマンドを使用してPSRF統計を計算して表示するようになりました。 結果の表は、事後出力ドキュメントの生の事後出力タブに出力されます
  • 2.2.0 (10 2016年2月)–ダウンロード

    • 実行ファイルを3.2.6に更新(MacOSX32bitはこれ以上サポートされていません)
    • lgおよびgtrレートマトリックスのサポートを追加
    • レート変動にlnormおよびadgammaを追加
    • ブランチ長の変更:Exponential to GammaDir
    • >Outgroupとして指定されたシーケンスは、シーケンス名の代わりにインデックスで参照する必要があります
    • geneiousバグを修正しました。ネックスmcmcは作成されませんでした

    2.1.3(14Oct2015)–ダウンロード

    • 長い実行中にいくつかのファイルの固定損失
    • 巨大な木のツリービューアのパフォーマンスの向上

    2.1.1 (21 実行可能ファイルの変更を反映するために、

    • 実行可能ファイルを3.2.2に更新
    • オプションtreeagepr=exponential(int)を~=gamma(<alpha>,<beta>)に変更
    • MrBayesプロセスは、操作がキャンセルされたときに正常に停止するようになりました

    2.0.9 (24 Oct2013)–Geneious6.1

    用のダウンロード-バンドルされたバイナリを3.2に更新しました。1
    –カスタムバイナリでCUDA/Beagleを有効にするためのヘルプを追加しました
    –MrBayesによって生成されたコンセンサスツリーをインポートしないプラグインを修正
    –新しいMrBayesコンセンサスツリー
    によって生成された文字列以外の属性値を適切に表示-MrBayesコンセンサスツリー
    のより良いヒント属性–同じ名前を持っていた二つのMrBayesドキュメントタイプがワークフローをクラッシュさせました–一つのタイプ
    を作る–Geneiousで操作をキャンセルしても実行が終了しませんでしたMacおよびLinux上のmrbayesプロセス

    2.0.6(07Nov2012)–Geneious6用にダウンロードします。0

    –メモリ効率の向上
    –Geneious6.0
    との転送互換性–データに重複する名前がある場合のMrBayesのクラッシュを停止

    2.0.5(13Jul2012)–Geneious5.5

    のダウンロード–互換性と安定性の改善

    2.0.3(14Sep2010)–geneious5.1

    用のダウンロード–Geneious5.1.1以降

    との互換性

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。